プロペシアが抑え、ミノキシジルが育む!この二つが鍵です!

プロペシアとミノキシジルの違いと効果

AGAには治療策が幾つか存在しますが本当に実感出来たという方はそう多くは無いのです。
効果があり、根本からの完全治癒が可能な治療法は医療技術の進んだ現代でも難しいとされてますが、育毛剤を使っての抜毛防止や毛の促進は出来ます。
そこで、今回は発毛の力が強くて高いとされているミノキシジルとプロペシアについて紹介したいと思います。

まず、ミノキシジルですが、この薬は外用と内服の2種類が存在してます。
元々は血管を広げ、血圧を下げさせる力が研究段階で発見されたので高血圧の患者に対して使われていたのですが、患者達から体毛が濃くなった等の声が多数寄せられた事から後に発毛剤として転用されたのです。
薬には副作用が付き物とのイメージがありますが、比較的に少なく基本的には安全な成分と考えて下さい
臨床試験中での全患者から約10%より以下の数値で報告はされてるのですが認可後に販売がされてから、世界では重篤な副作用の事例が報告されていないのです。

そして、ミノキシジルの成分には髪の1本1本を太く強く成長させハリを出す力があるので、元々生えいてた髪を太くしてくれると同時に新しく生える毛を丈夫にするお手伝いもしてくれます。
勿論、頭皮の本数を増やすと言う事はAGAの治癒にとって大切な事の1つではありますが、何万本もの毛がそれぞれ太くなってくれると、外から見た時の全体ボリューム感としてかなり変わって見えますよ。
次に紹介するのが、医薬品指定の薬としては成分自体の効果と安全性の両方が正式に認められアメリカの大手医薬品製造メーカーメルク社が開発した世界初の飲む育毛剤プロペシア。
こちらの薬は毎日、決まった朝の時間に1日1回1錠を服用し継続での服用をすると発毛実感できるという類の薬ですので結論を言うと、飲み続けと決まった量・時間がとても大事です。
医薬品に指定されてるプロペシアは様々な副作用の告発を受けており、得に多いのは腹痛や下痢といった作用の他、食欲低下や消化器官系の弊害も報告に上がってます。
特に気にする必要があるのは性機能障害で、男性からしたら性機能の低下は最も辛い症状で一度でも発症してしまうと完治する事は困難です。
服用期間中、継続しても全く効果が実感出来なかったり、身体に異常が見られた際は、AGAではない場合や飲み方自体に誤りの有る可能性が考えられますので医師にご相談して下さい。

MENU

プロペシアとミノキシジルの違いと効果